映像制作を行う上で、素人だと中々うまく作るのは難しい物です。
元々イラスト関係のスキルや画像制作スキルなどを持っていて、個人で動画をWEB上にupしたりしていた人ならある程度知識をつければ一通り行うことができます。

個人でやると全然できないというわけでわけではありませんが、少し難しくて大変です。そういった場合は映像製作会社などを頼むとクオリティが高い映像を作ってくれます。

目的別のYahoo!知恵袋の情報探しををお手伝いします。

どういった映像を作成してもらえるのかと言いますと、基本的にはなんでも作ってもらえますが、特に多いのが会社のプロモーションムービーや簡単な会社案内などのスライドショームービー、リクルートや求人などのリクルート映像などが挙げられます。

映像制作を企業に頼む上での流れとしてはまずは企業との連絡を取ります。


そしてどういった映像を制作するのかといったヒアリングを行います。


そして、ヒアリングの内容を元にして正式に発注し、企画書作成や見積もりなどしてくれます。

そして、画コンテを行います。

画コンテというのは映像の1つのカットがどのようなものかの説明です。



そして、画コンテが終わって企画と見積などの提案になります。



ここの部分では、ある程度完成した時の中間発表、つまり映像制作企業側のプレゼンテーションです。
最後に最終判断の見積もり期間などのを設けて制作作業に掛かるのが映像制作企業側の流れとなります。映像制作を企業側でやってもらう場合細かい見積もりなどやヒアリングがありますので、安心して頼めます。